【肌荒れの要因シリーズ】⑤ストレス⑥ホルモンについて

美容成分

こんにちは。
kaho(@skaho-cosme)です。

ご覧いただきありがとうございます。

【肌荒れの要因シリーズ】でございます!
今回で最後になります
本日は、⑤ストレス⑥ホルモン

についてお話します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ストレスとは?

かなり浸透されている言葉ですが、
どういったことをストレスとするのでしょうか?
具体的な例をいくつかあげると
  • 気温の変化
  • 匂い
  • 騒音
  • 細菌
  • ウィルス
  • 人間関係の悩み
  • 経済的な悩み
など、ありとあらゆることから
無意識のうちにストレスを受けていることが分かりますね

ストレスによってどんな不調に繋がるの?

ストレスがかかると交感神経が強く働きます。
そうなると自律神経が乱れる⇒体調不良⇒肌荒れに繋がってしまうんです。

交感神経とは?

目が覚めて活発に動ける状態のこと。体がシャキッとする感覚。

副交感神経とは?

リラックスしているときや、寝ているとき。

ストレスにより交感神経が強く働きすぎると・・・

  • 血流を悪くし、汗をかきやすくなる
  • 消化機能の働きが落ちる
  • 炎症を起こしやすい

こんな症状が出たりイライラしやすくなります。

こういった症状は
自律神経が乱れていますよ
と体が教えてくれいるサインなので
副交感神経が働くように
  • ゆっくり過ごす
  • 睡眠をとる
などと体を休めることで
健康や美肌に繋がります!
無理をしないようにしてくださいね。

ホルモンとは?肌とどんな関係があるの?

  • エストロゲン
  • プロゲステロン
聞いたことありますか?
女性なら詳しくは知らなくとも
聞いたことがある方、多いのではないでしょうか。
簡単に解説していきます

エストロゲンとは?

美肌には欠かせないホルモン。コラーゲンやヒアルロン酸を作り出してくれます。

プロゲステロンとは?

皮脂を増やし、ニキビを出来やすくするホルモン。むくみなどの不調をもたらす。

 

どうやってコントロールするの?

残念ながらホルモンはコントロールできません!!!

ホルモンは生理周期が大きく関わってきます。

図を見るとわかりますよね。これが毎月です!

これでは肌荒れしても仕方ないですよね。

それどころか生理前と後では、体の軽さまで変わります。

筆者は別人格なのかと思うくらい激変します…生理前はニキビができたり、とにかくイライラして顔つきがひどいです。

 

自分のことをいたわる週間にしましょう

生理周期に合わせて、ホルモン量が変化しているのですが

エストロゲンとプロゲステロン

のバランスが崩れたところで不調がやってくるんです。

対策として・・・

  • 規則正しい生活
  • 睡眠をしっかりとる
  • 体を冷やさない
  • 栄養バランスの整った食事

など言われますが、毎日こんなこと守れないですよね。

もし守っていたら、人生楽しめません。

旅行、誕生日、記念日などの

楽しみがなくなってしまうことの方が不健康になりかねないです。

ホルモンは自分でコントロールするものではないので

イライラしてしまう自分や

ニキビが出来てしまうことも

許しちゃいましょう!

そんなことで人生終わりませんのでご心配なく。笑

肌荒れで自分が許せなくなってしまったら、いつでも相談にのりますのでお声がけください!!

【まとめ】

・交感神経が働きすぎると肌荒れに繋がる
・プロゲステロン増えすぎるとが肌荒れの要因になる
・不調な自分を許してあげる

最後に

今回はスキンケア用品などの紹介ではなく
言葉のみでしたが、いかがでしたか?
わからないこと・聞きたいことなどございましたら、お問い合わせフォームTwitter、インスタグラムなどからお気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました