【敏感肌】化粧水がしみる原因とは?

美容成分

こんにちは。

kahoです。ご覧いただきありがとうございます。

敏感肌にお悩みの皆様、
化粧水がしみる
という経験はありませんか?
今回は、化粧水がしみる原因について
深堀りしていこうと思います。
また、インスタグラムにはこの記事を
簡単にまとめた凝縮verを投稿しているので
  • 時間がない
  • 全部読むの面倒
な方は(@skaho-cosme)へGO。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

化粧水がしみる原因は?

①バリア機能低下

バリア機能とはお肌そのものが持つダメージから守る力。

その力が様々な要因により、弱ってしまうことで

化粧水がしみる原因になってしまいます

  • アトピー性皮膚炎などの疾患
  • 強すぎる刺激
  • 洗顔時の摩擦
  • 睡眠不足

こういったことがバリア機能低下に繋がると言われています。

②肌のひはく化

聞き慣れない言葉ですよね。

ひはく化とは肌の表皮や真皮が薄くなっている状態。

めちゃくちゃ簡単にいうと

皮膚の厚みがなくなっているということ。

皮膚が薄くなることでこんな状態に。

  • ヒリヒリしたり
  • 赤みがでたり
  • かゆみがでたり
  • 乾燥しやすく

年齢を重ねることで起こりやすくなりますが、

若年でもメイク・洗顔・スキンケア時の過度な摩擦が原因で

ひはく化する場合もあります。

筆者は20代ですがひはく化していたと思います。昔の肌がまさにこの状態。基本的にいつも赤みがあり、手で触れたときの跳ね返す弾力が弱かったです。

③化粧品の刺激やアレルギー

体質や体調によって
  • アルコール
  • 界面活性剤
  • 香料
  • 防腐剤

にアレルギー反応を起こしてしまう。

しみたときの対処法は?

かゆみを抑える

冷やすことが重要。冷水、保冷材などで優しく。

かゆみがひくまで行いましょう!

摩擦を最低限にする

洗顔・クレンジングはいつもよりも優しく。

たっぷりの泡をつけて肌に触らないように!

短時間にすればするほど刺激が少なくなります。

他に対策できることはあるの?

  • これだけでは改善しない
  • しみる前に対策したい
  • もう取り入れてる

という方もいらしゃいますよね。

+αの対策2つあります!

UVケア強化!

バリア機能が低下していると、

通常の肌よりも紫外線のダメージを受けやすくなっているんです。

一年中紫外線対策されている方はばっちりです。継続してください!

4月~9月は一年で最も紫外線量が増えますので

  • 日焼け止め
  • UVカット効果の服
  • 帽子やサングラス
  • 日傘

など取り入れやすい方法でお試しください。

 

食生活

乾燥肌・敏感肌の人が不足しがちな栄養素3つご紹介!

不足するとこうなります。

タンパク質…肌のハリ、ツヤ減少
ビタミンA…皮脂分泌が減る
必須脂肪酸…カサつき、皮膚が薄くなる

 

何を食べると効果的なの?

栄養素の知識があっても

実際何を食べたらいいかわからない方は

こちらもご覧ください♪

タンパク質…赤身の肉、鶏ささみ、卵、豆類
ビタミンA…かぼちゃ、ホウレンソウ、ニンジン
必須脂肪酸…くるみ、脂ののった魚(アジ、サバなど)

【まとめ】

いかがでしたか?
化粧水がしみたときはお肌が不調のサインです。
そんなときはこちらの記事を読み返してみてくださいね。
わからないこと・聞きたいことなど
ございましたら、お問い合わせフォーム
Twitter、インスタグラムなどから
お気軽にお問い合わせください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました