【肌荒れの要因シリーズ】④加齢

美容成分

こんにちは。
kaho(@skaho-cosme)です。


ご覧いただきありがとうございます。

 

このブログでは乾燥肌対策や

おすすめのアイテムを紹介しておりますが


本日はそもそもどういったことが原因で

肌荒れしてしまうのか

ということについてお話します。
今回のテーマは【肌荒れの要因シリーズ】④加齢です。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

【肌荒れの要因シリーズ】④加齢

加齢による乾燥

年齢が上がるとともに、細胞の働きが弱まります。
それに伴い、皮膚の水分を掴んでくれているが細胞が減り
お肌にごわつきを感じるようになります。
同じような現象が肌の奥でも起こることで、
コラーゲン・ヒアルロン酸を作り出す力が衰えます。
これが、ハリの低下・しわ・たるみに繋がります

コラーゲンとは?

タンパク質の一種です。

コラーゲンは人間のタンパク質の30%を占めています。

そして皮膚になると70%はコラーゲンで出来ています。

どうやって摂取するのが効果的?

コラーゲンは、体内で作ることが可能です。

なのでまずは食事バランスを整えることが重要です!

コラーゲンを作るのに

ビタミンCが必須になるので毎日摂取するといいですね。

ビタミンCが多い食べ物・・・いちご・レモン・じゃがいも・ブロッコリーなど
ただコラーゲン単体を、食べ物から摂取するのは限界があるので
サプリメントやコラーゲンドリンクを取り入れて
効率よく摂取するのと効果的です。

おすすめコラーゲンPIKUP

 

筆者、愛飲中です。

癖がなく甘みがあるのでおやつによく飲んでいます!

個人的には、レモンのほうが好き♡

 

パウダータイプで取り入れやすいですよね♡
しかも食品メーカーの商品なので安心安全。
\1000と挑戦しやすい価格なのも魅力的。
次はこれ買いたい!

ヒアルロン酸とは?

水分を抱えてうるおいをキープしてくれている成分の1つ。

保湿成分の中でもトップクラス。

ヒアルロン酸1gで水分を6Lもキープできるそう。

どうやって摂取すれば良いの?

ヒアルロン酸はウナギ、魚の目、フカヒレ、鶏の手羽、鶏のトサカなどに含まれています。

が熱に弱いため食事から摂取するのはほぼ不可能・・・
サプリメントから摂取するほうが効率的です。
おすすめはこちら。
1か月あたり700円程からお試しできますよ~♡

加齢って何歳から?

肌のさびを取り除いてくれる酵素が減少し始めるのが

30代以降と言われています。

20代後半から乾燥による小じわ

40代以降は深いしわが目立つようになる。

20代後半からとなるとほとんどの女性が当てはまりますよね。

加齢による代謝不調

加齢とともに血管がもろく弱くなっていきます。

それにより、血行が悪くなることで

肌に栄養がうまく回らず

ハリ・弾力の低下、くすみに繋がります。

 

まとめ

  • 加齢により細胞や血管の働きが弱くなる
  • コラーゲン、ヒアルロン酸が必要不可欠
加齢による肌荒れは誰にも防げないことですが、
少しづつ簡単なことでもケアを
続けて毎日を明るく過ごしていけたら
いいなと思います。

最後に

次回は【肌荒れの要因シリーズ】⑤ストレス⑥ホルモン
についてUPする予定です♪
わからないこと・聞きたいことなどございましたら、お問い合わせフォームTwitter、インスタグラムなどから、お気軽にお問い合わせくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました